農業共同体見聞録

日本全国の農業共同体、農業コミューン、エコビレッジ、農業シェアハウスの訪問記

農業共同体見聞録21 ワカゲノイタリ村

~訪問記~

 農業共同体見聞録、西日本編スタート! 最初の訪問先は沖縄県名護市、沖縄の入り江の畔で自給自足と新しい価値観の提案を目指す、「ワカゲノイタリ村」さんです。

【ウェブサイトも開設しました!纏まった情報はそちらに掲載!】

http://matsuokakenji.wixsite.com/nougyoukyoudoutai

 

f:id:matsuken1212:20170131163258j:plain

 

 

 01月17日火曜、晴れ。前日の夕方に那覇に着き、国際通りを歩いて回り、当日はレンタカーを借り、首里城を見学。お金がないので高速道路は使わず、本当西岸の海岸沿いを走り、辺野古岳北側の道路で本島東岸に行き、大浦湾西岸で本島の北東部の東岸を走る国道331号線に入ります。国道331号へ入った交差点から3分程走り、トンネルをぬけ、大浦湾の入り江の上の橋を渡り左折すると建物があります。そこがワカゲノイタリ村です。

 

f:id:matsuken1212:20170131163347j:plain

入り江を渡る橋の上から村を望む

 

 村に着くと、よく村に遊びに来ているという女性に出迎えられ、同じくよく村に遊びに来ている高校生の男の子と、島袋さんという村の住民の方にお会いしました。そして、少し遅れて村長の具志堅さんも到着しました。

 

f:id:matsuken1212:20170131163437j:plain

村の住居

 

 ワカゲノイタリ村は遊休地と作業小屋があった場所の、土地と建物を借り、敷地の雑草を刈り、小屋を改修し、人が暮らせる状態にしたそうです。小屋は外壁がカラフルな色で塗られ、電気も水道も通っていて快適そうで、敷地も奇麗に雑草は刈られ、小さな菜園や鶏小屋もあります。また、すぐ隣りが大浦湾の入り江になっていて、満潮の時は海に、干潮の時は広い砂浜になります。敷地から少し離れた場所で田畑を借りて農業もしています。 

 

f:id:matsuken1212:20170131163455j:plain

村の敷地

 

この場所で衣食住の自給自足を目指しつつ、人を呼んで夜に映画を観る「ほしぞらシアター」やピザ窯造りのワークショップ等のイベント、海外のインターン生を受け入れといった活動もしています。

 

f:id:matsuken1212:20170131163517j:plain

干潮時の入り江

 

具志堅さんと島袋さんが明日、東京に用事で行ってしまうという事で、ここでは簡単に敷地を案内して頂いて、お話を伺って、後にする事になります。奇麗な入り江のすぐ隣りで自給自足を目指す、とても面白そうな村だと感じました。今後も注目していきたいと思います。